ライムライト・さつき相談センター

 
  事業の種類 計画相談支援 (平成24年6月1日相模原市指定)
  事業所番号 1432602553
  主たる対象者 知的障害者
  対象地域 相模原市内、及び上野原市(山梨)
 

相談室より

相談室より
 
 3階入口
 
相談員(3名)
 
相談室
 

何をするところですか?(計画相談)

何をするところですか?(計画相談)
 

「計画相談」は2012年4月に相談支援の仕組みが変わり始まりました。

障害者支援施設(入所・通所)や作業所、グループホームを利用する際には、市町村が発行する受給者証が必要になります。その申請や更新手続きの依頼を受けて相談支援事業所がお手伝いをさせていただきます。

2000年にスタートしている介護保険では、ケアマネージャーがケアプランを立てますが、これと同じように、障害福祉の分野でも相談支援事業所の相談支援専門員が、利用者の方がどんな暮らしをしたいのか、そのために必要なサービスをどのように組み立てるかを一人ひとりに応じた「サービス等利用計画」を作成します。洋服に例えるならオーダーメイドの洋服を仕立てることが「計画相談」です

 

ライムライトの由来

ライムライトの由来
 
 漢字表記にすると、「来夢来人」と書きます。当て字になりますが。
夜の帳が下りた街にありそうな看板の名前ですね。
そういう訳もあって、カタカナ表記にしました。
 
東京五輪が招致決定されてから「オモテナシ」の言葉をよく耳にしますね。
本来の意味は「モノを持って成し遂げる」ことを言いますが、もうひとつの語源に「表裏ない」、つまり表裏がない「心で」でお客様を迎えると言う意味があるようです。
 
オモテナシは相談支援にも通じるものだと考えています。
当然、相談に訪れる方の中には意を決して来られる方もおられます。
 表裏のない気持ちで、「この時、この場、この人だけ」との想いが伝われば、相手の五感と心に響くのだと信じています。
 
"Pax intrantibus, Salus exeuntibus"(ドイツのローテンブルグの城郭の碑文を引用)
「来るモノには安らぎをを、去るモノには幸せを」
 

ライムライトな日々

ライムライトな日々
フォーム
 
和顔愛語
2016-05-20
”わげんあいご”と読みます。
 
この言葉は仏教用語で、和やかな表情と優しい言葉をかけることを「和顔愛語」と言います。
 
こんな経験したことありませんか?
 
風邪をひいてしまい病院で先生から早く治るから注射をしましょう!!「ウワァァァン嫌だよ痛いよ!!ウワァァァン…」と泣きじゃくる子供に…
 
看護師さんの優しい笑顔で「ちょっと痛いけど、すぐに終わるからね」と声かをされたら魔法のように泣きやんで、「もう終わったから大丈夫よ」とアッという間に注射が終わっていたなんて経験ありませんか
 
笑顔と優しい言葉だけで相手を幸せな気持ちにできるんですね。仏教ではこの行いのことを布施行というらしいです。親切のことみたいです。
 
勉強になりました
 
~仏教なるほどゼミナール~より引用
 
 
2
藤野さつき学園
〒252-0186
神奈川県相模原市緑区牧野9638
TEL:042-689-2873
FAX:042-689-3066
―――――――――――――
藤野工房(さつき地域活動工房)
ライムライト・さつき相談センター
〒252-0184 
相模原市緑区小渕1990-1
TEL:042-682-0850
FAX:同上
―――――――――――――
<<藤野さつき学園>> 〒252-0186 神奈川県相模原市緑区牧野9638 TEL:042-689-2873 FAX:042-689-3066